食道がん手術数 近畿地方ランキング

食道がん手術数 近畿地方ランキング

食道がん手術数 近畿地方ランキング

 

食道がんとは

 

食道がんは同じ消化器がんの胃がんや大腸がんに比べ、5年生存率がおよそ半分です。この食道がんが治りにくい理由の1つに食道の周囲にあるリンパ管や血管に早い時期から転移しやすいと言うのがあります。また飲酒で顔が赤くなる人は発症のリスクが高くなると言われています。これはアルコールが分解される過程で発生するアセトアルデヒドが体内に蓄積されやすいためです。顔が赤くなるのに飲酒をする人は特に注意が必要で、50歳を過ぎたら年に1回は必ず内視鏡検査を受けるようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

食道がんの治療は、内視鏡治療、手術、化学放射線療法の三種類があり、がんのステージによって決まります。この内、内視鏡治療は早期のがんに(ステージ0)行われ、EMR(内視鏡的粘膜切除術)とESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)の2つがあり最近では後者のが主流となっている。治療時間も1時間程度で終わるため体への負担も少ない。食道がんは胃がんに比べて患者数が6分の1程度で、医師が手術などの経験を積みにくいのも現状です。これらを考えると手術数の多い医療機関のほうがある程度の技術を持っていると思われます。

 

食道がんの手術における病院選びのポイント

手術数が年間20 0以上ある
胸腔鏡下手術を受けるなら「胸腔鏡、開腹」「胸腔鏡、腹腔鏡」の手術の数が多い
胸腔鏡下手術を受ける場合は、日本内視鏡外科学会の技術認定医の資格があれば技術レベルは高い
日本食道学会が認定している食道外科専門医がいる

 

スポンサーリンク

 

 

 

手術数
A 開胸、開腹  B 開胸、腹腔鏡  C 胸腔鏡、開腹  D 胸腔鏡、腹腔鏡  E 内視鏡治療数

 

大阪市立大学医学部附属病院

 

手術数100
A36   B6  C44   D14   E8  

 

住所  大阪府大阪市阿倍野区旭町1-5-7
п@06-6645-2121
常勤医師数 5人

近畿大学医学部附属病院

 

手術数75
A15   B45  C0   D0   E51

 

住所 大阪府大阪狭山市大野東377-2
п@072-366-0221
常勤医師数 2人

京都府立医科大学附属病院

 

手術数70
A12   B9  C2   D23   E39

 

住所  京都府京都市上京区河原町通広小路上る梶井町465
п@075-251-5111
常勤医師数 4人

 

4位 大阪府立成人病センター 

 

手術数67
A54   B4  C7   D1   E129

 

住所 大阪府大阪市東成区中道1-目3-3
06-6972-1181
常勤医師数 2人

 

5位 和歌山県立医科大学附属病院

 

手術数52
A20   B0  C15   D17   E45 

 

住所 和歌山県和歌山市紀三井寺811-1
п@073-447-2300
常勤医師数 8人

 

6位 神戸大学医学部附属病院

 

手術数43
A3   B0  C9   D31   E75 

 

住所 兵庫県神戸市中央区楠町7-5-2
078-382-5111
常勤医師数 3人

 

7位 関西医科大学枚方病院

 

手術数41
A33   B0  C5   D0   E22

 

住所 大阪府枚方市新町2-3-1
072-804-0101
常勤医師数 3人

 

8位 兵庫県立がんセンター

 

手術数38
A0   B0  C16   D21   E43

 

住所 兵庫県明石市北王子町13-70
п@078-929-1151
常勤医師数 2人

 

9位 大阪市立総合医療センター

 

手術数37
A1   B0  C4   D30   E19

 

住所 大阪府大阪市都島区都島本通2-13-22
п@06-6929-1221
常勤医師数 1人

 

10位 大阪医科大学附属病院

 

手術数28
A4   B4  C0   D17   E22

 

住所  大阪府高槻市大学町2-7
072-683-1221
常勤医師数 2人

 

スポンサーリンク

 





このエントリーをはてなブックマークに追加