胃がん手術数 近畿地方ランキング

胃がん手術数 近畿地方ランキング

胃がん手術数 近畿地方ランキング

 


細川式 自宅で1日10分30日!逆流性食道炎 胸やけ・吐き気・痛み・ストレス改善法〜慢性胃炎、胃潰瘍、胃アトニー、機能性胃腸症( ディスペプシア) 改善メソッド

 

 

胃がんとは

 

世界の中でも東アジア地方は胃がんの発症率が極端に高い地域だと言われています。日本では年間12万人が胃がんと診断されていて、がんの部位別罹患数では第一位で最も身近ながんだと言われています。胃がんの死亡者数は年間に約5万人で肺がんに次いで2番目に多くなっています。胃がんの最も大きな発症原因はピロリ菌の関与です。

 

スポンサーリンク

 

胃がんは自覚症状が現れにくく、昔はなかなか見つけられませんでしたが、今では早期癌の段階で発見して治療することができるようになりました。その結果90パーセント以上の確率で治癒ができる疾患になりました。これはx線検査以外にも内視鏡検査により胃がんを発見できるようになったのが大きな要因です。さらに最近では胃がんの診断と同時にがんの切除も行える内視鏡治療も進歩してきました。

 

胃がんは胃壁の最内の粘膜中に発生します。その後進行していくにつれて、粘膜、粘膜下層、固有筋層、漿膜下層、漿膜へと広がっていきます。粘膜下層でとどまっているものを「早期がん」、筋層より深く浸潤しているものを「進行がん」と呼んでいます。胃がんの特徴として、初発のがんを部分的に完全に切除しても、その後残っている胃に新たにがんが発生することもあるので、手術後も定期検査は毎年きちんと受けるようにしましょう。

 

 

 

胃がん手術における病院選びのポイント

開腹手術の手術数が多いと、進行がん、再発がんを多く手がけている可能性がある
腹腔鏡下手術の数が多いと早期がんの比率が高い、あるいは進行がん、再発がんにも適用を広げている可能性がある
ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)の症例数が1人あたり年100例以上があると、技術的修練度が高いと考えられる
手術のクオリティーをはかるには全国がんセンター協議会が発表する各施設の「ステージ別5年生存率」に注目する
外科手術の実力は特にステージUとステージVの5年生存率に顕著にあらわれる

 

スポンサーリンク

 

 

 

手術数
A 開腹   B 腹腔鏡  

 

 

兵庫県立がんセンター

 

手術数206
A133   B73  

 

住所  兵庫県明石市北王子町13-70
п@078-929-1151
常勤医師数 4人

大阪医科大学附属病院

 

手術数188
A74   B114  

 

住所  大阪府高槻市大学町2-7
072-683-1221
常勤医師数 2人

大阪府立成人病センター

 

手術数163
A111   B52

 

住所 大阪府大阪市東成区中道1-目3-3
06-6972-1181
常勤医師数 3人

 

4位 関西医科大学枚方病院 

 

手術数157
A109   B48 

 

住所  大阪府枚方市新町2-3-1
п@072-804-0101
常勤医師数 5人

 

 

5位 大阪赤十字病院

 

手術数154
A28   B126  

 

住所 大阪府大阪市天王寺区筆ケ崎町5-30
п@06-6774-5111
常勤医師数 8人

 

6位 大阪市立総合医療センター

 

手術数147
A37   B110  

 

住所 大阪府大阪市都島区都島本通2-13-22
п@06-6929-1221
常勤医師数 3人

 

7位 大阪警察病院

 

手術数147
A9   B138    

 

住所 大阪府大阪市天王寺区北山町10-31
06-6771-6051
常勤医師数 2人

 

8位 兵庫医科大学病院 

 

手術数142
A139   B3    

 

住所 兵庫県西宮市武庫川町1-1
п@0798-45-6111
常勤医師数 2人

 

9位 天理よろづ相談所病院

 

手術数140
A93   B47

 

住所 奈良県天理市三島町200
0743-63-5611
常勤医師数 10人

 

10位 和歌山県立医科大学附属病院

 

手術数140
A76   B64  

 

住所 和歌山県和歌山市紀三井寺811-1
п@073-447-2300
常勤医師数 3人

 


細川式 自宅で1日10分30日!逆流性食道炎 胸やけ・吐き気・痛み・ストレス改善法〜慢性胃炎、胃潰瘍、胃アトニー、機能性胃腸症( ディスペプシア) 改善メソッド

 

スポンサーリンク




このエントリーをはてなブックマークに追加